脳梗塞について!~健康生活をkeepするために~

細胞が死んでしまう

予防対策はやはり大切になってきますよ。脳梗塞の防止方法はいくつかあり、生活スタイルによって効果の高いものも変わってきます。

脳動脈瘤の治療はコチラの名医におまかせしませんか?後遺症なども残らないようにしっかりと配慮してくれますよ。

脳内細胞は回復しない

医者

脳内をめぐる血管が血の塊で詰まってしまい脳の中の細胞に行かなくなった場合、その細胞は酸素不足に陥って死んでしまうことになります。一度死んだ細胞は二度と回復することはありません。回復しないばかりでなくその細胞は浮腫を起こしてだんだんと膨らんでいき脳内を圧迫し始めます。毛細血管のつまりによる脳梗塞ならば比較的小さい範囲での脳梗塞でおさまってしまいます。これをクラナ梗塞と呼んでいます。ですがこのような脳梗塞が数多くできると生活ができない状態におちいってしまいます。 また大きい血管のつまりによる脳梗塞の場合すぐに体に反応が起こり倒れて意識がなくなったりその場で死に至ることがあります。いずれにしろ予防が大切になってきます。

危険な動脈硬化

食事の多角化や高血圧あるいは心臓の不整脈により動脈硬化が多くなっています。動脈硬化は血液の流れを悪くしてさらに血栓をできやすくします。脳梗塞の最大の原因はこの血栓によるものですから、肉食を中心とした現代の食事はまさに脳梗塞を発症するに等しい食事になっています。また塩分の多量接種による高血圧も問題があります。食生活を改善することによっても脳梗塞を防ぐことができます。 また小さい範囲での梗塞は誰もが見落としがちになってしまいます。脳の中を定期的に検査する人はまだ少なくたとえ小さな梗塞ができていたとしても、日常生活にさほど支障がありませんので気が付かない人が多いのが現状です。脳内の中も定期的にチエックすることも大切です。

突然妙な障害が起こったら

診断

脳梗塞は脳の血管が詰まって壊死を起こしたり、起こしかけたりしている状態です。発症後できるだけ早く、薬の投与等の治療を開始することが、大切です。脳梗塞の診断も、医学の進歩のおかげで、早くから確定することができるます。亡くなる人や後遺症が残る人も多いですが、昔より予後はずっと良くなりました。

もっと読む

生活習慣が影響する病気

笑顔

脳梗塞は日本人に多い病気で、若い人でも発症してしまう人が目立ってきました。生活習慣やストレスが影響していると言われ、血流が悪くなってしまうのが原因です。これを防ぐには、悪い習慣を見直していく努力と、前向きな気持ちが健康的な体へと改善させていくことになります。

もっと読む

どんな病気なのか

相談

脳梗塞は血管が詰まることで発症する病気です。血圧を下げる薬を飲み過ぎることで発症するケースも有ります。なので、薬は自己判断で服用したり、量を増やしたりせず、正しい飲み方をしましょう。そうすることで脳梗塞を予防できます。

もっと読む